生産性の向上につながる!製造業で貸工場を使いたい事業者に有益な情報をご紹介

ここでは製造業をはじめとした複数の業種で貸工場の利用を検討している事業主に役立つ、情報を複数公開しています。
自社のニーズに合致する工場を選択するために注意するべきポイントや、作業効率を高めるために工場は有効かなど、情報を複数確認することで、自社で利用するときにポイントとなる可能性が高いです。
自社の業績をアップするにふさわしい物件を見つけるための一歩となる情報ばかりであるため、参考にして利用することが大切といえます。

生産性の向上につながる!製造業で貸工場を使いたい事業者に有益な情報をご紹介

製造業者が貸工場を利用するにあたり、自社で利用を検討している機材が揃っているかどうかがカギとなります。
自社工場では生産が間に合わない物を貸工場で生産する場合、コストを抑えて効率よく利用することで、納得できる形で生産性向上につなげることが可能です。
また、自社だけではなく複数の企業と共同で1つのアイテムを生産している場合、ある程度必要となるアイテムの数はわかりきっているはずなので、確認して生産できる環境を整えることが重要といえます。

貸工場とはレンタルできる既存の工場

貸工場とはレンタルできる既存の工場と考えることができます。
特に何らかの機械とか設備が既に設置されているわけではなく、単に広い部屋というかスペースだけが用意されていることが普通ですので、以前にその工場で何が制作されていたかということには関係なく、自分たちが作りたいと思うものを製造する工場にすることができます。
一方で、貸工場では電気・ガス・水道といったインフラは既に整えられていることが普通ですから、そのあたりの整備にはあまり時間をかける必要はありません。
貸工場であって購入するわけではないことから、賃貸料を支払って借りることになります。
購入するとなるとまとまった費用も必要になってしまいますが、借りるのですから初期投資はその分だけ低くすることができます。
何を製造するかは基本的にはこちらの自由ではありますが、近隣地域の住民のことなどを考えて、様々な規制が設けられていることはありますので注意しておきましょう。

貸工場を利用すると自社工場の建築が不要

貸工場を利用するメリットといえば、当然のことながら自社工場の建築が不要な点ではないでしょうか。
改めて考えると当たり前ですが、貸工場を利用するメリットはまさに工場建築の手間が省けること、そしてすぐに使い始められることです。
つまり建築という時間が掛かるプロセスを省略して貸工場を自社工場にできるので、スタートアップが重要だったり、急遽製造加工設備が必要になった時に助かります。
勿論、あくまでも借りる形なので自社の保有にはなりませんし、契約期間が終了したり契約違反があれば、その時点で退去ということになります。
また立地や規模など希望にマッチする貸工場を探す必要があるので、決して楽ではありませんしメリットばかりでもないのは間違いないです。
とはいえメリットがあるのも確かですし、それは無視できないほど魅力がありますから、メリットとデメリットを天秤に掛けつつ利用するかどうか検討するのがベストではないでしょうか。

貸工場を使ってスピーディに製造を開始

貸工場を利用することのメリットは、多額な設備投資費用をかけることなく製品の生産や製造を開始できるという点にあります。
国内には様々な製造工場があって、様々な仕様に応じた製品が効率よく生産できる仕組みが既にあるからです。
一方で需要と供給の関係から、工場の稼働がお休みになるタイミングが合ったり一部のラインを利用しないケースもあります。
貸工場では、別の企業から受託を受けることで余っているラインで製品を生産することができるので双方にメリットがあるのです。
また工場を建設して稼働するまでには一定の時間もかかってしまうという時間的なコスト側面もあって、その点もスピーディーに市場に商品を供給できるメリットがあります。
それで順調に稼働したならば、自社で新たな工場を建築するという検討に入ればよいわけです。
このように特に初期段階で利用するという点でメリットが大きく、軌道に乗らなければ新たな商品開発に切り替えられる銃内政を秘めています。

貸工場なら状況に合わせた移転も容易

貸工場のメリットの一つに、状況に合わせた移転も比較的容易であることが挙げられます。
これは貸工場を賃貸マンション、自社工場を分譲マンションや分譲住宅と考えれば分かりやすいかもしれません。
自社工場には様々なメリットがありますが、自社で所有している以上は他の場所に工場を移設したりしにくいというか、そもそもそういう選択肢が取りにくいことがあります。
一方で貸工場であれば自分の所有する物件ではないのですから身軽であり、工場規模を拡大したいのだが今のままでは手狭になったという場合には、あっさりと契約を解除してより広い物件を探すことができます。
従業員の通勤とか物流網を考えてよりアクセスの良い場所に工場を置きたいと考えるようなケースでも同様です。
自社の所有物件でないことのデメリットは当然ありますが、マイナスだけではなくこのように所有していないからこそ生じる身軽さが逆にメリットになることも忘れてはなりません。

著者:平岩孝行

筆者プロフィール

千葉県松戸市生まれ。
事業用物件を扱う不動産会社に勤務。
生産性の向上に繋がる貸工場について記事をまとめています。
貸工場を千葉で探す